Logo address

Welcome to Arisawa Labo

2014/10/27 追加 (Web サーバーのお話)
2014/12/16 追加 (Textarea Horizontal Scrolling Bar)
2015/09/08 IPv6
2016/02/01 blog/EeePC.html に Plan 9 on EeePC 901 (2) を追加
2016/12/05 追加 (Safari の HTTP POST Method のバグ)
2017/04/01 FreeBSD 奮戦記
2017/04/02 高原書店
2017/04/22 SYMLINK と格闘
2017/05/01 Play with Fuse

me

このサーバー

定年退職に伴い大学に設置されていたサーバー "ar.aichi-u.ac.jp" をここに引っ越しました。

このサーバーは Plan9 operating system の下で動いています。
Pegasus は Plan9 の公式 httpd を筆者が改造したものです。
Pegasus について、詳しくはPegasus Project を見てください。

秘密保護法/共謀罪について
僕は、自由にものが言え、議論ができ、主張の根拠を共有できるオープンな世界を大切にしています。
秘密に満ちた、暗闇の世界には住みたくありません。

監視社会がここまで進んでいます。市民の学習会に対してさえ、警察の介入を当然視する政府。どこかの国の出来事を笑えない日本になりつつあります。

大垣市民監視事件 https://monoiujiyu-ogaki.jimdo.com/

共謀罪とは犯罪の実行前に(犯罪を未然に阻止するとする名目の下に)逮捕するための法律です。しかしそのためには盗聴などによる監視が必要になります。全ての国民が犯罪予備軍として監視の対象となるはずです。そして盗聴などが公然と行われる様になるでしょう。国会での議論の経緯を見ているとテロは名目にすぎず、実際には時の政権に批判的な人々が監視の対象になります(また、なっています)。自分は批判的でないから関係ないと考えないほうが良い。監視し、情報を集めずしてどうして批判的でないと判断できるのか?

共謀罪は戦前の暗黒社会への入り口です。

私は戦争が嫌いです
戦争というのは人間のもっとも野蛮な行動です。権益のために、殺し合いをするなど、あってはならぬこと。
戦争を止めることこそが、平和憲法を持つ、世界における日本の使命のはずです。この使命を忘れ、権益のために戦争に加わる国になって欲しくありません。

新日本の進むべき方向は旧来の軍国主義的、侵略主義的等の諸傾向を一擲(いってき)し、社会的存在の全領域に亘って自らを文化、道義、平和の新国家として再建することに依り世界の一員として、世界文化に貢献し得る如きものたらんとすることでなければならない。(愛知大学設立趣意書より)

平和のためのリンク集 http://nowar.nyx.link/

SPECIAL MENU

Plan 9

9logo Plan9

私のもう一つのページです。分散 OS でユニークな特徴をもった Plan 9 の研究および解説ページです。

ソフトウェア紹介

私のオリジナル作品が多数含まれています。

他に、Plan9 関係のものは
http://p9.nyx.link/
を見てください。

Web サーバーのお話

2014/08/27

CGI の問題点を巡る Web サーバーの現状の解説。高度な話も含まれますが、Web サーバーと言うアプリケーションを例に Plan9 を理解するのに役に立つと思い、この記事を書きました。

DNS

2015/11/19

ネットでは DNS に関する間違った解説も多く、また概念的な混乱も多く見られます。そうしたことが DNS の理解を困難にしていると思われます。そこで DNS に関して改めていろいろ調べました。

僕の解説は完全だとは言いません。間違いがあれば指摘して頂ければ幸いです。(結構難しいのです...)

IPv6

2015/11/10

IPv6 環境を自宅で構成するために調べた事、苦労した事などを書いて行きます。
なお自宅の回線の契約はコミュファ光です。

FreeBSD 奮戦記

2017/04/01

このたび、FreeBSD をちょっと調べたいことがあって、インストールした。
コード探索が目的で、その範囲において、可能な限り面倒のないやり方で... 
この記事は、その時のメモや気づいたこと。C言語のコードスタイルに関しての議論が含まれる。

SYMLINK と格闘

2017/04/22

このたび、筆者の Plan9 に作られた cpdir を unix に移植した。cpdir は directory を再帰的に探索するツールである。unix に移植する場合には SYMLINK の扱いが問題となる。
どう扱うのが良いのか、この際いろいろと考えてみた。
筆者は既存のツールには不満だらけである。何が問題なのか? だからどうすべきか? ツールと言うものについて考える良い機会であった。
以下に出力のサンプルを載せる。

-bash$ lr -Ll /usr |p
drwxr-xr-x root     wheel             0 2017/02/22 10:59:33 /usr
drwxr-xr-x root     wheel             0 2012/09/28 07:09:08 /usr/X11
drwxr-xr-x root     wheel             0 2016/06/30 22:18:43 /usr/X11/bin
-rwxr-xr-x root     wheel         62768 2016/05/05 17:32:30 /usr/X11/bin/X
-rwxr-xr-x root     wheel       2880864 2016/05/05 17:15:26 /usr/X11/bin/Xephyr
-rwxr-xr-x root     wheel       3143648 2016/05/05 17:32:15 /usr/X11/bin/Xfake
...

オプション {L} は follow SYMLINK を意味する。

Play with FUSE

2017/05/01

FUSE の配布サンプルの中の hello.c は本当に詰まらない。FUSE の面白みが全く伝わって来ないのだ。最初の一歩は "Hello World" から始めるのがプログラミングの習慣なので、まあ仕方がないだろう。詰まらないと言ってもよく研究すると FUSE の基本がよく分かる。

僕のパッケージ maxim.tgz の中に maxim.c が含まれている。これは初心者にとっても十分に易しいサンプルプログラムだと思っている。それにも関わらず FUSE の面白みが十分に伝わって来る。maxim とは金言(諺) の意味である。maxim を実行すると magic.txt がマウントポイントに作成される。これは擬似的なファイルであることが直ちに分かる。すなわち cat コマンドでこのファイルを見ると、金言が1つ表示される。表示される金言は見るたびに変わる!

趣味的な話題

OS に関する話

その他

雑感

この他に
http://karisawa.googlepages.com/
もご覧下さい。以下はこのサイトでの僕の記事です。

愛知大学学生向けメニュー

ゼミ生向けメニュー

受講生など

リンク集

UNIX 関係

MacOSX 関係

フリーウェア

My Bookmarks

ネットで見かけた面白い記事、良い記事、役に立つ記事のコレクション

Internet documents


http://www.eff.org/blueribbon.html

Blue ribon - for online freedom of speech, press and association