address LogoPowered by Pegasus

シラバス

目次

授業のテーマ・目標:

この講義では面積や体積に関する初等的な話から進めて、微分と積分に関する講義を進めます。
受講生は中学生程度の数学は知っているものとします。
数学の講義にありがちな抽象的な話をするつもりはありません。
具体的な例を通じて、微分や積分が問題解決にどのように役に立つのかを理解してください。

授業の形態:

講義形式ですが受講生は講義時間のうちに多くの計算をこなす必要があるでしょう。必ず電卓を持参してください。 (携帯電話を電卓代わりにはしないこと。計算の能率が違います)

授業の内容・スケジュール:

次のような内容を予定しています。(多少の変更があるかもしれません。)
1. 面積の測り方
2. グラフを書く
3. 曲線で囲まれた面積 (古代の積分法)
4. 微分法 (グラフの傾き)
5. 微分法 (最大値を求める)
6. 速さと進行距離 (ニュートンの発見)
7. 微分と積分との関係
8. 指数関数と対数関数 (大きな数、小さな数)
9. 指数関数と対数関数 (連続性)
10. 指数関数と対数関数の微積分
11. 積分学のまとめ

評価方法:

平常点。
講義の中で課題を出します。

テキスト・参考図書:

毎回プリントを渡します。